粂井聖子のイベント情報

トークセミナー、ワークショップ、瞑想会へのご参加をお待ちしております。

イベント詳細、お申し込みはこちら

波動を高く保つ方法

アセンション
この記事は約4分で読めます。

みなさん、こんにちは。
amrtaの小林誠です。

「春っていいなぁ〜」と思いながら外を歩いていると、なんだか一気に気持ちが軽くなりますよね。
こういう時に、私たちは波動が高くなっているんだと思います。

波動が下がる瞬間

毎日の生活や仕事など日常生活を送っていると波動が一気に下がったと感じる瞬間があるかと思います。

例えば、テレビのニュースを観ている時や、何か嫌なことを目撃した時など「嫌だなぁ」と思うと瞬間的にハートチャクラが閉まるような体感を感じる人も多いのではないでしょうか。
そして「ずぅ〜ん」と波動が下がります。

テレビなら、自ら見ないという選択もできるのですが、日常生活の中での出来事においては、体験しないという選択はなかなかどーして難しいです。

粂井聖子さんは
「大事なのは、その時の自分が目の前の現実をどう捉えたか?それだけです。」
「だから、目の前の現実には、意味がないんです。」
という事を言っていました。

更に
「自分が望んでいるモノを宇宙は与える訳じゃないんです。」
「いま自分が現実としているモノを宇宙は与えるんです。」
とも。

この言葉の意味が、本当に深い部分で理解できた時、自分の体験が素晴らしいものになると思います。

ハート・オブ・レガシー・チャクラ融合瞑想というツール

私たちは、目の前に起こる現実に「あぁでもない」「こうでもない」といろんな意味づけをしてしまい、閉鎖システムの中だけでジャッジしますから、目の前の現実が思うように展開していかなくなってしまいます。
結果、自分の波動を高く保つ事ができなくなります。

波動が下がった事にすぐに気付いて修正できれば良いのですが、自分のインナーチャイルドの傷や過去に感情が揺り動かされた記憶があるので、なかなかスッキリ切り替えるという事ができない場合が多いです。

そんな時に有効なツールがハート・オブ・レガシー・チャクラ融合瞑想というアインソフ評議会が降ろしてくれた瞑想ツールなのですが、、
気持ちが落ちている時は、それすら直ぐに取りかかれない場合が多いです。

更に言ってしまうと、波動が落ちている事を自分で気付ければ良いのですが、それすら気がつかないことってありますよね

肉体を保持したままアセンションする

だからこそ、毎朝の習慣としのて瞑想や手放しワークが大事になるかと思います。
ハート・オブ・レガシー・チャクラ融合瞑想には、私たちが肉体を保持したままアセンションするために必要なモノが全て含まれています。

そして、自分軸からズレて、波動が低くなってしまったと感じた時に、一番最初にやると効果的なツールとなります。

ハート・オブ・レガシー・チャクラ融合瞑想については、粂井聖子さんが詳しく説明してくれていますので、ぜひこの動画も併せてご覧ください。

それでも、なかなか瞑想に取りかかれない事もあるかと思います。
そんな時に手っ取り早く波動を変える方法として、聖子さんこんなやり方を例え話として話してくれました。

温かい飲み物を飲む
お風呂に入る
植物の世話をする
散歩に出かける
好きな本を読む
好きな音楽を聴く
猫ちゃんをモフモフする

などなど、自分がリラックスできて、ウキウキワクワクと子どものようにハイテンションになる事をすると良いと伝えてくれました。

これなら、すぐにでも実践できそうですよね。

あなたから始まる世界平和

自分の波動を常に高く保つことが理想ですが、まだまだ私たちはこの物質界でたくさんの人や物事の中で生きていきますから、たまにはズド〜ンと波動が下がる事もあります。
そんな時、高次の存在から降ろされたアセンションに有効なツールを使うことで、より軽やかにスムーズに生きて行けるのではないでしょうか。

そして何より大事なのは、今この瞬間の地球において、私たち一人ひとりの意識の持ち方が、地球の集合意識、太陽系の集合意識、天の川銀河の集合意識に多大な影響を与えているということです。
私たちは一人という個ですが、同時に宇宙の根源の大いなる意識の一側面でもあります。

聖子さんは、こう言います。
「皆さんは、一人の人間ですが、それと同時に広大な宇宙意識でも在るのです、だから皆さん一人一人がマスターなんですよ」

そうです。
自分の目の前に展開している現実は、自分の中にある信念、観念により人それぞれ捉え方が異なります。
そう考えると、いま世界で起こっている事をどのように捉えればよいか分かってきますよね。

最後にTwitter「粂井聖子の言葉」より、とってもとっても大事なメッセージをお届けします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました